搭乗記

【ウユニ塩湖訪問者必見】ラパス→ウユニ アマゾナス航空328便 便搭乗体験記

【ウユニ塩湖訪問者必見】ラパス→ウユニ アマゾナス航空328便 便搭乗体験記先日南米・ボリビアのウユニ塩湖を訪問するに際して、アマゾナス航空328便を利用しラパス→ウユニ間を利用しましたので、その際の様子をお伝えいたします。



アマゾナス航空とは?

アマゾナス航空(Línea Aérea Amaszonas)はボリビアの首都ラパスを拠点とする航空会社です。

アマゾナス航空の路線の中でも『クスコ→ラパス』、『ラパス→ウユニ』、『ラパス→ブエノスアイレス』日本人の旅行者の方が良く利用するかと思います。

ラパス空港内の様子

ラパス エル・アルト空港ユニ塩湖へ空路で行く場合においては必ずと言ってもよいほど利用するボリビアの中心都市ラパス(憲法上の首都はスクレ)近郊のエル・アルトにある国際空港です。この空港は標高4061mにありますので、高山病対策をしていったほうが良いかもしれません。

エル アルト空港内部の様子
【最新版】ウユニ塩湖訪問者必見!!ボリビア ラパス エルアルト空港を徹底解説 トラベラーの皆さん、こんにちは!先日ボリビア・ウユニ塩湖へ旅行した際に乗り継ぎでボリビア・ラ パスのエル・アルト国際空港を利用しまし...
【ウユニ塩湖訪問者必見】ボリビア エル・アルト国際空港内トランジットホテル''ONKEL INN 1886''は利用する価値があるか?トラベラーの皆さん、こんにちは!先日ボリビア ラパスにある空港エル・アルト国際空港を利用した際に見つけた空港内にあるトランジットホテル'...

アマゾナス航空搭乗体験記

ここからは実際にアマゾナス航空を利用してラパス→ウユニへ移動した際の様子をお伝えいたします。

チェックイン~待合室移動

まずはチェックインを行います。アマゾナス航空は基本的に20KG以内の荷物1つを無料で預けることが出来ます。また使用機材はプロペラ機でかなり小さいですので、手荷物は1人あたり1つに制限されていますのでご注意ください。

▼チェックインカウンター





ラウンジ

搭乗までは保安検査場通過後にあるラウンジで時間を潰しました。サンドイッチ等簡単な食事しかありませんでしたが、利用者が少なく快適に過ごすことが出来ました。

▼ラウンジ内の様子

ラウンジについて詳しく解説した記事はこちら↓

搭乗

いよいよ搭乗が始まりました。ウユニへの飛行機はウユニ塩湖へ行く観光客(欧米人もしくはアジア人)で満席でした。

機内の様子

搭乗機はボンバルディア製のDASH8-202という小型のプロペラ機であり、少し大丈夫かと心配な気持ちになりました。座席は40席ほどしかありませんでしたので、航空券はある程度日程に前もって予約をしておくほうがよいかと思われます。

▼アマゾナス航空 



機内サービス

プロペラ機ながらも機内誌やドリンクのサービスはありました。

ウユニ空港到着

フライトは1時間程度であっという間に到着しました。 ウユニ空港はとても小さな空港であり、ターミナルビルも非常にこじんまりとした作りです。飛行機から降りたら手作業で運ばれてくる自分の荷物を引き取って、空港の外へ出ます。

ウユニ空港→ウユニ市内へのアクセス

ウユニ空港→ウユニ市内はタクシーを利用して移動するのが一般的です。

空港の外に出ると周囲には明かりもほとんどなく、タクシー数台だけが停車しており、大丈夫かなと不安な気持ちになりましたが、料金はタリフで決められており、ウユニ市内へ行く場合1人当たり10ボリビアーノです。

タクシーを利用して10分あればウユニ市内の各ホテルへ行くことが出来ます。

筆者はこちらのタクシーを利用しました。 10分ほどでホテルに到着。ウユニの夜はとても冷えるのでホテルに到着した後に飲むことが出来るコカ茶はとても美味しかったです。



最後に

今回紹介したラパス→ウユニ路線はウユニ塩湖へ行かれる方の多くが利用されているにも関わらず、搭乗した際の様子があまりネット上では見つけることが出来なかったため、今後行かれる機会がある方の役に立てばという事で記事を作成しました。

正直言いましてアマゾナス航空という日本では聞き慣れない航空会社であり、搭乗前は少し心配していましたが、搭乗時には特に不自由なく空の旅を楽しむことが出来ました。ウユニへ空路での移動を検討されている方は検討されてみてはいかがでしょうか。




こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。